W 3 S T Y L E  B L O G
W3STYLE/Facebook
W3STYLE/Twitter
W3STYLE/Instagram
W3STYLE/Instagram

直島・女木島・男木島

Posted under Travel on 2016/02/05 19:57:47 by W3STYLE™

貯まったマイルを利用して、瀬戸内海にある直島、女木島(めぎじま)、男木島(おぎじま)に行ってきました。

何気に四国に上陸したことがないと思いますが、羽田空港から高松空港へ出発。高松空港到着後、バスで高松港まで行くとフェリーの時間に間に合わなかったので、リッチにタクシーで港へ向かいました。

初日は天気予報が悪かったので雨を覚悟していましたが、何とか曇りのまま持ちこたえてくれました。

讃岐うどんの“温玉肉ぶっかけ”を食べて、アート内で軽く(一生懸命…)ジャンプです。

宮浦港の近くにある直島銭湯「I♥湯」は、実際に入浴できます。素敵な銭湯♪

入浴はしませんでしたが…。

地元のボランティアが建てた「007赤い刺青の男記念館」で記念撮影のあとは、30分くらいかけて本村地区へ。島内の移動手段はバスやレンタサイクルがあるのですが、運動がてら徒歩で島内を散策しようということになりました。すると早速、島猫を発見。

直島・本村地区において展開する“家プロジェクト”は、現在7軒のアートプロジェクトが公開されています。まずは“はいしゃ”。このトタン感がたまりません。

いろいろと家プロジェクトを巡り、“ぶっかけ(冷)小”と“生ビール”を。ちなみに中学生くらいの女の子が作っていました…笑。

ANDO MUSEUM。どの家プロジェクトも外観以外は「カメラ撮影はご遠慮ください」でした。

本村地区からベネッセハウスミュージアムまでの移動はバスにしようかと思っていたのですが、バスまでの時間が45分くらいあったので、「45分も待つんじゃったら歩いて行こう」ということになりました。ちなみに本村地区からベネッセハウスミュージアムまで歩いている人は、誰一人としていませんでした…笑。

そして、宿泊先の“ベネッセハウス”にチェックイン。“ベネッセハウス”は、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、1992年に美術館とホテルが一体となったミュージアム施設です。宿泊客の特権で23時までは美術館を観覧できたので、ほぼ誰もいない状態で作品を観覧しました。

本当はミュージアムではなく、オーバルに宿泊したかったのですが、もう既に満室でした。オーバルは、ミュージアムからモノレールで移動した丘の上に建ち、瀬戸内の自然と安藤建築を融合させた、わずか6室のための空間だったのです。残念でしたが次回があれば、是非オーバルに宿泊したいです。

こちらは客室のバルコニーからの景色。瀬戸内海はもちろんのこと、遠くに瀬戸大橋も見えました。

ディナーの会で美味しいお刺身や蛤、ウニなどのコースを堪能して夜が更けていきましたが、翌日は時間の関係で急いでビュッフェを食べて直島を後にしました。そして一旦、高松に戻って“ぶっかけ(温)小”を。

フェリーの時間まで高松駅の周りを散策したあとは、再び高松港からフェリーに乗船し、次の目的地の“女木島(めぎじま・鬼ヶ島)”へ。こちらは“女木港鬼ヶ島防波堤灯台”です。

女木港からバスに乗って、ほぼ山頂にある“鬼ヶ島大洞窟”に行ってきました。

洞窟の中に入るのは、子供の頃に行った何処かの鍾乳洞以来でしょうか。桃太郎…。

再び港に戻ったら島猫がいましたが、まだ仔猫のようでした。

よく食べます。うどん小、牛スジ、たまご。そして生ビールを。

島猫がトコトコと桟橋に歩いて行きました。「TAPuさんがその島猫を追って桟橋内に入ると島猫は驚きましたが、逃げる方向がなく海に飛び込む訳にもいかないので、陸側にいた私の方へ必死で走って逃げながら向かってきました」のときの、やや浮き気味の写真です。驚かせてスミマセン…。^ ^;

女木島の次は再びフェリーに乗船し、最終目的地の“男木島(おぎじま)”へ。このトタン感がたまりません。

集落の中を坂道や石段が迷路のように広がる男木島は、歩く島です。坂道を登って降りて。路地で迷って行ったり来たり。高い石垣、急勾配の石段、家と家の隙間から見える海…。歩けば歩くほど、迷えば迷うほど、新しい風景に会える島です。(引用)

そして何より島猫がたくさんいます。たくさんの島猫を見かけましたが、ごはん待ちの猫が多く、ほとんど路地などにいませんでした。残念…。

男木島を満喫したあとは、高松空港で“釜玉うどん”と生ビールを呑み、ほぼ“讃岐うどん”ばかりを食べた楽しい旅となりました。また機会があれば、再び四国へ♪ ^ ^

○ベネッセアートサイト直島
http://benesse-artsite.jp

○せとうち島手帖/Islands’ note at Seto Inland Sea
http://setouchikurashi.jp/island/

タグ: , , , , , , , ,

広島

Posted under Travel on 2016/01/26 22:14:34 by W3STYLE™

少し時間が経ってしまいましたが、お正月の次の週に広島に行ってきました。

原爆ドームと原爆死没者慰霊碑。朝早かったので、まだ人もまばらでした。

そして、平和記念公園から所要時間が45分しか掛からない、”ひろしま世界遺産航路”という高速船で宮島へ。

最近は帰省する度に宮島に足を運ぶのですが、今回は弥山(みせん)に登ってみようということになりました。山頂付近まではロープウェイで連れて行ってもらったのですが、ロープウェイを降りてからの山頂までの歩きが思ったより大変で…。

登り切ったあとの山頂からの瀬戸内海は絶景でしたが、下山する前から太ももや足がパンパンになり、早くも筋肉痛気味になりました…笑。

35年前くらいの学生のときに、友達のみんなと弥山から走りながら下山したことを思い出しましたが、宮島に行かれた際は是非“弥山”に登ってみましょう。オススメです。

いつも干潮の時間を調べて宮島には行っていないので、何十年ぶりか覚えていませんが久しぶりに干潮の大鳥居でした。

宮島のあとの移動中は、1,728円という高級な穴子飯を食べましたが、弁当のレベルを超えていてとても美味しかったので、次回はお腹が空いているときに食べたいです…。

そして錦帯橋に到着。久しぶりの岩国ですが、山の上に小さく見えるのが岩国城です。

岩国に着いたのが16時くらいだったので、ギリギリで岩国城に入場できました。天守閣からの景色も良かったです。

という感じでザックリですが、実家での宴もありつつ楽しい広島への帰省となりました。^ ^

タグ: , , , , , , ,

北海道旅行/余市編♪

Posted under Travel on 2015/11/05 19:16:33 by W3STYLE™

北海道旅行最終日は、早起きをして小樽から余市に向かいました。余市の目的は、もちろん“ニッカウヰスキー余市蒸留所”です。石造りの美しい正門を通り抜けると、そこは15万平方メートルという広大な敷地が広がっていました。

朝早く入場したので人がまばらでしたが、ここから蒸溜所見学のスタートになります。

蒸溜棟に入るとポットスチル(単式蒸溜器)が稼働していました。このような行程を経てモルトウイスキーが作られるのですが、この石炭直火焚蒸溜を行なっているのは世界の中でも余市蒸溜所のみで、今でも伝統的な製法を守り続けているそうです。

旧竹鶴邸は、創業者竹鶴政孝が夫人リタとともに使用していた住居です。平成14年に工場内に移築、復元し、玄関ホールと庭園が一般公開されています。

創立時に建てられた第1号貯蔵庫ですが、現在は見学用に開放している為、空樽になっています。

ウイスキー博物館では、ウイスキーのルーツ、製法、種類や楽しみ方など、ウイスキーに関する情報やウイスキーづくりの道具などが展示されていますが、第1号ウイスキーが長い年月を経て蒸発していました。

20151105-9

時間が経つにつれ観光客(私もですが…)が増えてきたので一旦蒸留所を後にし、無料の試飲でホロ酔いのまま早めのランチの会となりました。こちらは“北海どーん(正式名称)”です。そして、“リタの散歩道”という余市川沿いの砂利道を歩きましたが、私たち以外は誰一人として歩いていませんでした…(気持ちよかったですよ)。

砂利道の土手を降りてみると白樺と青空(南風なし)で、とても気分が良い北国だと思いました。

“リタの散歩道”を楽しんだあとは、ニッカ沼方面から再び余市蒸留所へ。そして十分に蒸留所見学を満喫したので余市駅に向かいましたが、小樽行きの電車まで1時間半くらいあったので予定を変更してバスで小樽に向かい、散策をしたあとは新千歳空港へ。

空港到着後は「北海道旅行の食の〆は、やはりお寿司でしょう!」ということで、空港内にある“五十七番寿し”にて、左から大トロ、アワビ、生ニシン、えんがわ、サンマなどを美味しくいただきました。活〆ほっけも食べましたが、なんと言っても“生ニシン”が初めてでしたし、特に美味しく感じました。最高〜♪

“五十七番寿し”は立喰い寿しで、一貫の値段が高めなのでバクバク食べていると高額になりますが、十分満足できると思うので機会があれば皆さんも是非どうぞ(“五十七番寿し”を知ったのは、元ロッヂ住人さんが食べていたからです)。

ということで、楽しかった北海道の海鮮を食する旅は、あったいう間に終了オーライとなりました♪ ^ ^

タグ: , , , , , , , , , , , ,

北海道旅行/小樽編♪

Posted under Travel on 2015/11/04 19:26:45 by W3STYLE™

先週末は貯まったマイルを利用して、北海道の“小樽”と“余市”への旅行でした。

出発前の羽田空港にて(パジャマではございません&左手が長いのは右肩に重いカメラバッグを担いでいるからです)。

新千歳空港に到着したあとは、札幌を通り越して小樽に直行しました。そして“なると本店”にて、“若鶏半身揚げ”と“特上生ちらし”を注文。鶏も美味しかったですが、海鮮もやっぱり美味しいです。といいうことで、この生ちらしを皮切りに海鮮を食する旅が始まったのでした。

ほどよくお腹がいっぱいになったあとは、廃線になった手宮線の線路を歩きながら、宿泊先のホテルを目指しました。

ホテルに荷物を預けたあとは、小樽運河クルーズを。当日の天気は雪が降る予報だったのですが、なんとか曇り空のままで持ちこたえ、とても好みな古い倉庫の建物を見ながら運河クルーズを満喫したのでした。

ちょっと早めのディナーの会は、予約をしておいた“伊勢鮨”へ。

お寿司が美味しことはさることながら、生牡蠣の大きさに驚きました。プリプリな生牡蠣をツルッと頬張って、さらに満足。

サクッとディナーの会を楽しんだあとは一旦ホテルに戻りましたが、この素敵な建物は“旧北海道拓殖銀行小樽支店”だったそうです。この他にも小樽は、旧○○○銀行跡といったおよそ築100年ほどの古い建物がたくさん残されていますが、なぜ昔はたくさん銀行があったのかは調べていません…。

小樽滞在での目的のひとつ、天狗山にロープウェイで登りました。天狗山からの小樽の夜景は、とても美しかったです。

天狗、天狗、天狗。そして、また天狗、天狗、天狗…。

天狗山のあとは再び小樽運河へ。撮影時間はそんなに遅くはなかったのですが、なぜか歩いている人がほとんどいませんでした。
人がいないおかげで快適で、尚かつ倉庫と運河の夜景がとても美しかったです。

次回は、“北海道旅行/余市編♪”をお送りします。

タグ: , , , , , , , ,

© W 3 S T Y L E ™